トイレが詰まったときに自分でできること

トイレが詰まったときに自分でできることは、汚物・異物など詰まりの原因を掻き出すことです。
構造的に取り除くことは困難なため、便器ブラシや分解したハンガー(針金)などで詰まっているものを掻き回してみてください。

 

道具を購入して対処する場合は、洋式トイレ用のラバーカップを試してみるとよいでしょう。
キッチンや洗面台とは異なり、トイレの詰まりは一歩間違えると周囲を汚物で汚す恐れがあります。

 

簡易的な方法で対処できない詰まりは、早々に諦めて業者を呼ぶことをオススメします。

 

詰まりの原因

積まれたトイレットペーパー

適切に使用していた場合、トイレが詰まる原因は排泄物トイレットペーパーが、流れる部分の入口もしくは下水へ繋がる出口付近を塞いでいるケースがほとんどです。
油汚れによるキッチンの詰まり、髪の毛による洗面台の詰まりとは違い、蓄積された汚れによって詰まるケースは少ないです。

 

そのため、他の場所の詰まりに効果的な薬剤での詰まり除去は期待できません。
もちろんプロが業務用の薬剤を使って詰まりを除去するケースはありますが、自分で修理する際は薬剤以外の対処法から始めるとよいでしょう。

 

押してダメならラバーカップ

便器とラバーカップの図

最初に試してもらいたいのが、トイレ掃除で使うブラシやハンガー、その他細長い棒などで水が流れる部分を掻き回してみることです。
汚物・異物などで塞いでいた場合、掻き回して水が流れる道を作れば解決できます。

 

一気に水が流れない場合、一旦水が引くのを待ってからトイレを流してみてください。
少しでも水の通り道ができている状態なら、水を流す水圧で他の詰まり原因を流せる可能性が高いです。

 

こうした棒やブラシなどで掻き回す対処法は、入口側から押して詰まりの原因を分解する原理です。
大半のケースは紹介した方法で対処できますが、詰まり方によっては入口側から出口方向へ向かって力を加えても解決できません。
この場合は、入口側へ吸引する力を加えてみるとよいでしょう。自分で行う簡易修理ではラバーカップを使って吸引します。

 

トイレの構造から洋式トイレ専用の先端が小さくなっているラバーカップを活用してください。
和式トイレの場合は、お椀型の一般的なラバーカップで問題ありません。
このほか節水トイレ専用のラバーカップが販売されています。

 

ホームセンターへ行けば様々な種類のラバーカップが売られているので、トイレの写真と型番を控えてホームセンターの店員へ相談すれば確実です。

 

 

素人が無理していはいけない

 

水詰まりの解決策は次の種類があります。

 

  1. ブラシや棒で入口から掻き回す
  2. ラバーカップを使って吸引する力を加える
  3. 薬剤
  4. 水を一気に流す
  5. お湯で流す
  6. ワイヤーブラシ
  7. トーラー
  8. 高圧洗浄

 

紹介している通り1.2がオススメの解決策。
3番の薬剤は一般的に売られている家庭向け商品だと、トイレでの有効性が低いです。

 

蓄積された汚れが原因になりにくい特性から、5番のお湯で流す方法もトイレの水詰まりと相性が良くありません。
トイレの故障によって適切に水が流れない場合は、バケツに入れた水を一気に流すことで汚物を流せるケースがあります。
(この場合、原因は詰まりではありません)

 

 

 

6番のワイヤーブラシは水詰まり専用の長いワイヤー。
7番のトーラーはワイヤーブラシのプロ仕様です。
6~8番は水道修理業者がよく使う手法で、素人が挑戦しても相応の効果を期待できます。

 

しかし、素人がワイヤーブラシや高圧洗浄に挑戦した場合、トイレの床や壁紙を汚してしまう恐れがあるので気を付けてください。
汚物の混ざった水が飛び散ると、最悪のケースで壁紙交換などのリフォームが必要になります。

 

トイレが詰まった際は無理して色々なことに挑戦せず、トイレ内を汚さないことに配慮しながら慎重に対処しましょう。
1番のブラシや棒で入口から掻き回しても解決できない時点で業者を呼ぶことをオススメします。

 

関連記事:悪徳修理業者の見極め方とは
ページの先頭へ戻る